阪神タイガース鳥谷敬が自分の立場について語る

阪神タイガースの鳥谷選手のインタビュー

赤星さんが鳥谷選手にインタビュー

阪神タイガースの内野手「鳥谷敬選手」が赤星憲広さんのインタビューに答えました。今季は立場の変化があった鳥谷選手が心境を語りました。調子が悪かった去年の成績は何が原因だったのか。また北条選手との競争関係はどうなっているんでしょうか。このインタビューで鳥谷選手の決心が伝わってきました。
元阪神赤星氏と現阪神の鳥谷

阪神タイガース鳥谷「競争はしない」/h2> キャンプインの心境について赤星さんに尋ねられた鳥谷選手は「入団1、2年目の気分」と話しています。去年までは阪神タイガースの定番のレギュラーとして活躍していましたが、今年からは新しい気持ちで競争心を持っているかに思えた。しかし鳥谷選手はこう語っています。
でも、誰かと競争するという感覚ではあまりなくて、とりあえず自分がしっかりと納得できれば(遊撃争いの)勝負できるかなと思っています。オフも、自分のことだけを考えてやってきて、このキャンプでは技術的な部分を上げていく。判断するのは周りなので、自分はきちんと状態を上げていくだけです。
周囲と自分を比べるのではなく、自分自身を向上させていくことで自然に勝負していく構えが見えますね。相対的にではなく、絶対的に成長させる意識で取り組むことで阪神タイガースへと貢献してくれそうです。
鳥谷バッティングの不振

昨年の不振について

昨シーズンの成績不振について赤星さんの質問に対して鳥谷選手は感覚にあっていなかったと話しています。調子じゃなく根本的に直すべきところがあったと語っています。その原因はバッティングは考えすぎていたそうです。力強く打つことを意識しすぎるあまり、バッティングが思うようにいかなかったようです。新しい試みでなかなかうまくいかないことはよくあること。試行錯誤しながら自分自身を成長させようとしていたようですね。本人は焦りがあったと話し当ています。
阪神タイガースの不動レギュラーに

今シーズンは感覚を戻せる?

きになるのは去年の不振を踏まえて今シーズンどこまで調子を戻すことができるかだ。本人は今は感覚が戻り始めていると話しています。過去の失敗をみ返して、打てていた時はなぜ打てていたのかということも発見できたようです。実戦でもこの感覚を微調整しながら調子をあげていってほしい。
阪神北条とタイガース鳥谷

北条選手との競争

本人は北条選手について意識していることはないそうです。自分自身がショートのポジションに立つことしか考えていない。年齢的に限界と判断されない結果を残すしかないと覚悟を語った。だからこそセカンドやサードでやる選択肢は考えていないそうです。
阪神タイガース

阪神タイガースの新しい出発に

今シーズンこそ優勝を狙う阪神タイガースにとって鳥谷選手はなくてはならない存在でしょう。昨シーズンの成績に引きずられず新しい気持ちで臨んでほしいですね。