【阪神キャンプ】エリックキャンベルの補給が○

阪神の春のキャンプでタイガースのエリック・キャンベル選手(新入団の内野手)が守備練習でコーチの評価を受けたようです。キャンプ初日のノックで阪神タイガース・高代コーチがエリック・キャンベル選手の捕球を高く評価しました。 阪神タイガース新外国人エリックキャンベル

理想的な捕球姿勢

ゴロの捕球としては基本中の基本ですが、なかなかそれができていない選手も多いものです。しかしキャンベル選手はどんな内野ゴロに対してもしっかりとボールの正面に入り確実に補給していました。外国人選手は派手な動きや軽い動きで補給する傾向にあります。見た目には華やかですが、その反面エラーも多くなります。しかしキャンベル選手は確実な捕球を優先し、理にかなった球の捕り方をしています。 阪神のキャンプで評価

阪神タイガース・新外国人

新外国人として阪神タイガースに入団し日本の野球にまだ馴染んでいない選手は戸惑いがあるものですが、キャンベル選手本人は「ウォームアップとノックを楽しめた」と喜んでいたそうです。今までの環境とは異なる地で臨機応変して楽しめる発想ですぐに阪神タイガースのチームにも馴染んでくれそうです。 戸惑っているよりも楽しんで野球をプレーしている姿を見る方がファンも試合を見ていて楽しめますし、また良い成績も残してくれそうな期待が持てますね。 確実な捕球で阪神タイガースを優勝に導く

打撃練習でも堅実に

キャンベル選手はフリーの打撃練習も行いました。「しっかりと芯で捉えるバッティングを意識した」と堅実さを打撃でも見せてくれた。柵越えは1本に止まりましたが確実に広角に打ち返してコーチ陣にアピールしました。 堅実な打撃と新環境への順応の早さはピカイチ。阪神タイガースの新四番バッター候補としていい滑り出しをしたようです。 阪神ファンとしても、今後の活躍に大いに期待したいですね。 タイガースの新4番候補