阪神タイガース・糸井選手「右膝関節炎」

阪神タイガース糸井選手 阪神タイガースとFA契約で入団した糸井選手が右膝の違和感を訴えていましたが、「右膝関節炎」と診断されたことがわかりました。阪神ファンは「阪神来シーズン、大丈夫かー」と思ったことでしょう。 阪神・糸井選手が膝を怪我

阪神・糸井が違和感を感じたのはトレーニング

糸井選手が膝の違和感を感じたのはトレーニングをしているとき。スクワットでしょうか。スクワットは膝を壊しやすい種目ですので、、、 右膝の違和感の正体は「右膝関節炎」というもの。完全なる怪我ですね。この怪我によって糸井選手は阪神タイガースの一軍キャンプには同行するが、他の選手と同じメニューでの練習は行えないそうです。 阪神・糸井選手につぎ込んだ18億

14億円が、、

阪神タイガースが使った、糸井選手に関わる資金は18億円にものぼるそうです。糸井選手は阪神に最も期待されて入団した選手の一人です。その選手がキャンプ前から離脱となると球団も、ファンもがっかりしているのではないでしょうか。 糸井選手は、怪我に強い選手と評価されていました。ちょっとした怪我では弱音を吐かない選手。しかし怪我はプロ野球選手によって最も注意すべきこと。痛みに強いとされている糸井選手だからこそ少しの違和感を我慢していたのかもしれません。 焦らずタイガースの一員として

今は焦らない方が吉

怪我をして別メニューで調整する間、糸井選手がどのような精神状態になるかがポイントでしょう。もちろん他の選手とのメニューに参加したい気持ちが出てくるでしょうし、焦りも出てくるかもしれません。しかし完治する前に無理をしては、負の連鎖にはまってしまいます。それだけはないようにしてほしいですね。みんなが期待している糸井選手、早く回復してほしいです。